超簡単ダイエットの口コミ、レビュー

プレゼントのご案内

甘い物を食べても太らないコツとは【○○の時間帯に食べよう】

あなたは甘い物が好きですか?

 

 

私は大好きです。

 

 

ケーキ・プリン・シュークリーム・ドーナツ
いろいろあります。

 

 

しかし、甘い物はダイエットの大敵であることは
あなたもご存じですよね。

 

 

でも、ご心配無用。

 

 

甘い物を食べても太らないコツがあるんです。

 

 

それは、甘い物を食べるときは午後3時から4時までの間
に食べればいいんです。

 

 

それでは、
なぜこの時間帯に甘い物を食べても太らないのかを
説明します。

 

 

私が昔、太っていた頃も甘い物が好きで、ケーキや
ドーナツ・プリンなどをよく食後のデザートとして
食べていました。

 

 

そのせいで私の体重は90キロを超えていました。

 

 

そんな私がなぜ、甘い物をやめずにダイエットに
成功できたのか?

 

 

あなたは知りたくありませんか?

 

 

通常、食後に甘い物を食べると血糖値が急上昇して
いっきに脂肪が体内に吸収されてしまいます。

 

 

だから、食後に甘い物を食べると太るんですね。

 

 

もし、あなたがどうしても甘い物をガマンできないなら
食べる時間をずらせばいいのです。

 

 

つまり、食後ではなく3時のおやつとして
甘い物を食べればいいんです。

 

 

食後2時間以上経過してから甘い物を食べても
血糖値が急上昇することはないので、急激に
脂肪が体内に吸収されず、太る心配はほとんど
ありません。

 

 

だから私も食後ではなく、3時のおやつとして
甘い物を食べています。

 

 

また、夕食後はたとえ2時間たってもおやつを
食べることはオススメしません。

 

 

なぜなら、寝る前なので食べたおやつの
カロリーが、そのまますべて体内に吸収されて
しまうからです。

 

 

あと、太りにくい時間帯でも食べすぎはNGです。

 

 

私も昔は食べ終わったら、残りは見えない所に
しまってましたが、やはりガマンできずに
ついつい手を伸ばして全部食べていたことが
ありました。

 

 

だから、自分の行動を反省しておやつの買いだめは
できるだけしないことにしました。

 

 

なるべく、その日に食べる分だけを購入しています。

 

 

チョコレートや小さいドーナツをブラックコーヒーと
いっしょに3〜4切れ食べれば十分です。

 

 

また、太りにくいおやつとしてオススメなのが、
シュークリームです。

 

 

私もよく食べます。

 

 

いろいろな種類のシュークリームがありますが、
1個でしっかりとしたボリュームがあるのに
意外と低カロリーなスイーツです。

 

 

なぜなら、ケーキ類のように高カロリーの
スポンジ生地がシュークリームには使われて
いないからです。

 

 

私はよくミニサイズのシュークリームを食べますが、
これなら5〜6個食べてもショートケーキ1個の
半分のカロリーです。

 

 

それだけ食べれば「こんなに食べた」という
満足度が得られます。

 

 

また、アイスクリームも太らないスイーツとして
オススメです。

 

 

アイスクリームもいろいろありますが、
100円前後のカップのバニラアイスが
オススメです。

 

 

量は150ml前後のものを選びましょう。

 

 

同じバニラアイスでも200円以上の高いものは
脂肪分が多くカロリーも高いのでオススメしません。

 

 

さらに、
バニラアイス以外のチョコアイス・ストロベリーアイス
抹茶アイス等々は比較的高カロリーなのでNGです。

 

<まとめ>

 

もしあなたがどうしても甘い物をガマンできないのなら
食後ではなく3時のおやつとして食べましょう。

 

そうすれば、太りにくいです。

 

 

太りにくい時間帯でも食べすぎはNG。

 

●チョコレートなら3〜4かけ
●小さいドーナツなら3〜4個
●ショートケーキなら1個
●ミニサイズのシュークリームなら5〜6個
●アイスクリームならカップのバニラアイス1個

 

上のように量を調整して食べるのがベスト。

プレゼントのご案内


トップページ プロフィール 目次 お問い合わせ 特別講座