超簡単ダイエットの口コミ、レビュー

プレゼントのご案内

効率よくやせるテクニック(○○を制限すればOK)

私たちの体についている脂肪には
●皮下脂肪
●内臓脂肪
これら2つがあります。

 

 

皮下脂肪とは読んで字のごとく皮膚の下に
ついている脂肪です。

 

 

内臓脂肪とは、内臓のまわりや腸の間に
ついている脂肪です。

 

 

皮下脂肪は一度つくとなかなか落ちませんが
内臓脂肪はつきやすく落ちやすい脂肪です。

 

 

そして、皮下脂肪はそれほど体に悪くないのですが、
内臓脂肪は私たちの健康を害する危険な脂肪です。

 

 

なぜ内臓脂肪が健康に悪いのか?

 

 

理由は、あらゆる病気の原因になるからです。

 

 

内臓脂肪が増えると、血液の流れが悪くなり
血圧が高くなります。

 

 

すると、がんをはじめとする生活習慣病にかかりやすく
なり、脳卒中や心筋梗塞などになるリスクも高まります。

 

 

おなかまわりがポッコリ出ている人や、最近急に
体重が増えてきたという人は要注意です。

 

 

それでは、内臓脂肪を落とすにはどうすれば
よいのでしょうか?

 

 

答えは食生活を改善することです。

 

 

私も食生活を改善して90日で10キロやせました。

 

 

内臓脂肪は落ちやすい脂肪なので、食事を変える
だけで意外と簡単に落とせます。

 

 

食事を変えるといっても難しいことではありません。

 

 

大切なことはただひとつ。

 

 

糖質をある程度制限することです。

 

 

糖質を制限すれば、内臓脂肪はどんどん
落ちていきます。

 

 

糖質とは
●砂糖を多く含んだ甘いお菓子
●ご飯・パン類・めん類などの主食
●イモ類・かぼちゃ・にんじん
などに多く含まれています。

 

 

私も昔は糖質を多く含んだ食べ物が大好きで
ご飯を何回もおかわりしたり、おやつに甘いお菓子や
パンをたくさん食べたりしていたので、みるみるうちに
太っていったのです。

 

 

 

また、ダイエットで陥りやすい極端な食事制限をすると
一時的にはやせても、脂肪といっしょに筋肉も落ちて
いきます。

 

 

さらに悪いことに、極端な食事制限は長続きしません。

 

 

食事制限をやめて食事の量を元に戻すと、簡単に
リバウンドしてしまいます。

 

 

そして、リバウンドした後は筋肉の量が減っているので
さらにやせにくい体質になってしまうのです。

 

 

このように栄養バランスを考えない極端な食事制限は
絶対にしてはいけません。

 

 

制限するのは糖質だけOKです。

 

 

●普段食べているご飯の量を半分(250g以下)にする。
●おやつは食べてもOKですが少なめにする。
●食前に生野菜をたくさん食べる。
●肉や魚のようなタンパク質を多くとる。

 

 

このへんから始めていきましょう。

 

 

<まとめ>

 

内臓脂肪は糖質を制限すれば落としやすいので、
普段食べているご飯の量を半分(250g以下)に
しましょう。

 

 

その分、肉や魚などのタンパク質を多く
とりましょう。

プレゼントのご案内


トップページ プロフィール 目次 お問い合わせ 特別講座