超簡単ダイエットの口コミ、レビュー

プレゼントのご案内

居酒屋でたくさん食べても太らないメニュー

ダイエット中でも付き合いとかで居酒屋に
行くこともありますよね。

 

 

でも大丈夫。

 

 

お酒もほどほどにして太らないおつまみを
選ぶようにすればOKです。

 

 

私はダイエット中も時々、居酒屋に行ってました。

 

 

でも食べ方に注意していたので太ることは
ありませんでした。

 

 

 

 

お酒はいつもビールを飲んでいました。

 

 

ビールは太るといわれていますが、適量なら
問題ありません。

 

 

すなわち、二日酔いするほどの量を飲まなければ
よいのです。

 

 

最も注意して欲しいのは、おつまみの選び方です。

 

 

居酒屋で太る原因のほとんどがおつまみの
選び方にあります。

 

 

私はいつも高たんぱくなおつまみと低カロリーの
おつまみを選んで食べていました。

 

 

 

高たんぱくなおつまみといえば

 

●唐揚げ
●餃子
●焼き鳥(皮はNG) など。

 

 

太るからガマンしようなどと思わずに
しっかり食べてもOKです。

 

 

お酒を飲んでいい気分になってる時に、食べたい
物をガマンする必要はありません。

 

 

無理にガマンすると、ますます食欲が抑えきれなく
なってきます。

 

 

ただし、唐揚げに限らず、高たんぱく・高カロリーな
おつまみを食べるときは低カロリーでヘルシーな
おつまみもいっしょに食べましょう。

 

 

低カロリーでヘルシーなおつまみは

 

●豆腐
●枝豆
●刺身 など。

 

 

逆にダイエット中にいっしょに食べては
いけないおつまみは

 

●ポテトサラダ
●フライドポテト
●ピザ
●焼き鳥の皮
●マヨネーズを使った脂っこい物 など

 

 

あと、ライスやチャーハンなどのご飯ものも
避けましょう。

 

 

食べすぎてカロリーオーバーになっても
翌日以降に調整すればOKです。

 

 

●食べすぎた翌日の食事はどうすればよいのか

 

食べすぎた翌日の朝、体重計に乗ると
1・2キロ体重が増えていることもありますね。

 

 

すこし凹むかもしれませんが心配ありません。

 

 

食事で調整すればよいのです。

 

 

調整するといっても極端に食事を減らしては
いけません。

 

 

私の場合、ご飯の量を減らして、キャベツを
多めに食べています。

 

 

ご飯の量を1食あたり250gのところを150gにして
キャベツ(生野菜)の量を1.5倍から2倍にして
食べています。

 

 

これだけで前日に食べすぎた分をほとんど帳消しに
できます。

 

 

反対に肉や魚などのたんぱく質を減らすと筋肉量も
減って代謝が低下して、太りやすくなるのでNG。

 

 

<まとめ>

 

ダイエット中にも居酒屋にいくのはOK。

 

お酒は適量ならOKです。

 

太るからといってガマンせずしっかり
食べましょう。

 

●唐揚げ
●餃子
●焼き鳥 など
ガマンせず食べましょう

 

上のメニューといっしょに

 

●豆腐
●枝豆
●刺身

 

 

などの低カロリーでヘルシーなおつまみも
食べましょう。

 

●ポテトサラダ
●フライドポテト
●ピザ
●焼き鳥の皮
●マヨネーズを使った脂っこい物

 

上のメニューは血糖値が急上昇して
太りやすいのでNG。

 

カロリーオーバーした翌日はご飯の量を減らして
キャベツを多めに食べましょう。

 

プレゼントのご案内


トップページ プロフィール 目次 お問い合わせ 特別講座